エンジン不調点検③


ご来店誠にありがとうございます。

エンジン不調点検を進めていきます。

エンジンが動く為には

燃料と空気が上手く混ざった状態の燃焼室に

点火しなければなりません。

点火は電気を利用した火花。

火花は、”スパークプラグ”で発生します。

火花を発生させる為には

高い電圧が必要で、その高い電圧を

作るのが、"ダイレクトコイル"

そのどちらかの不具合が考えられます。

 

点検は至って簡単。

現在3番目が怪しい状況です。

1番・2番は正常に動いているようです。

この状況で

2番と3番のダイレクトコイルを交換してみましょう。

 

もし、3番のプラグがダメなら

ダイレクトコイルを交換しても3番が引き続き

不具合が出続けます。

 

ダイレクトコイルがダメなら

3番のダイレクトコイルに交換した

2番に不具合が出る事になります。

 

今回はどうだったか??

2番目に不具合が出ました。

結果3番目のダイレクトコイルに不具合が

あったようです。

ただ・・・

エンジンのアイドリングの変化が非常に

微妙で・・・

おそらくプラグも弱っている状況で

あったのだろうと思います。

 

今回はお客様の許可を得まして

プラグ3本(比較的安価)と

ダイレクトコイル1本(本来は3本交換したほうが良いです。)

※今回はつなぎの為、1本にしました。

を交換させて頂き無事復活いたしました。

 

お車の販売買取中心ですが

お車もある程度修理・整備も出来ないと

販売できません。

調子が悪くて

相談したのに”ディーラーさんに・・・”って言われたら

困りますよね。

やっぱり整備工場持ってないといけませんね。。。

カーズ習志野台店は

整備・修理・自動車保険まで

責任を持って対応しますので

お車のことなら何でもご相談下さい。


車の事ならオートバックス

車の事ならオートバックス習志野台店です♪

 

 

2016年12月10日