車検整備箇所の詳しいご説明(足廻り関連)

一番分かりにくく見えにくい部品が多数あります。

気づかないうちに破れていたり

ヒビが入ることによって交換が必要になります。

 

タイロッドエンドブーツ

ハンドルを軽くさせる為の機構、ステアリングギアボックスから、タイヤを

押し引きする為のタイロッドの先端の繋ぎ目部分に装着

されているゴム製のブーツで損傷すると交換が必要になります。

ロアボールジョイントブーツ

サスペンションとロアアームのつなぎ目を
覆って保護しているゴムブーツです。

摺動部(動く部分)に充填されたグリスが
外に出てしまわないようにしています。

ブーツの損傷でグリスがなくなり磨耗が進行するとガタが発生し
最悪外れてしまうこともあり、重要な部品です。

ステアリングラックブーツ

ステアリングラックブーツは、車のタイロッドに水やゴミ等が

入るのを防ぐためのパーツです。

タイロッドのさびなどで、ハンドル操作に支障が出る場合が

ありますので、車検の検査項目に入っております。

☆破れや切れが有る場合、車検に通りません。

ドライブシャフトブーツ

エンジンの動力をタイヤに伝える為のシャフトのジョイント部の

ゴム製の保護カバーです。

エンジンの動力の影響を受ける為、ほっておくと内部の金属部品が

磨耗し異音の原因となり、最悪外れてしまう可能性がある

重要な部品です。異音が出てしまうとドライブシャフト自体の

交換が必要になり、費用が嵩みます。

お早めの交換をおススメします。

 

スタビライザーリンクロッド

左右のサスペンションを繋ぎ、横方向のロールに対する剛性を高める

役割をしているスタビライザーロッドとサスペンションを繋ぐ

役割をしている部品が、スタビライザーリンクロッドです。

スタビライザーリンクロッド先端のゴム製の保護カバーが

ひび割れ、切れが発生し交換が必要になります。